CAN-OVER PROMATIC / K-MATIC


 

 

can_over_h2_001 (1)

 

PROMATIC / PROMATIC-GT

PROMATIC

canover_001

 

 

*外径88mm、98mm。横方向への膨張も無いためクリアランスの無い車に最適です。
*40kg超えにて耐圧試験クリアー。
*オーリング変形等にてエア漏れが発生してもゴムバッグの様に破裂しません。徐々に下がり出します
*外径を小さくすれば内圧が上がり、バネレートが上がり固く使用出来ます。
*全調が短く設定出来ますのでより落とせます。
*アブソーバー機能内蔵のため別にアブソーバーを装着する必要がありません。
*エアー以外使用しませんのでへたるものが無く消耗品はオーリングのみ。定期的なオーバーホールで長く使用出来ます。結果維持費が安くすみます。オーバーホールは¥15000より。
*国内で組みますのでご希望の長さで組む事も出来ます。リストに無い車種も作れます。
*ご購入後のお問い合わせ、ご要望は販売店を通じてお問い合わせください。

DSC07056  DSC07055

 

 

PROMATIC-GT

canover_002

 

*GTスペック仕様は、サイズを小さくして使用する圧力を上げ、バネレートを高くする事により、低い車高でも走行出来るように

設定したものです。

よって、ストラット、車体側、ホース、ジョイント、コンプレッサー等システム全体に多大なる負担を掛けています。

乗り心地も硬くなります。

保証対象外となりますのでご自身の責任においてご使用いただける方のみでの設定です。

つきましてはいかなる場合でも一切の責任は負えません。

 

 

PROMATIC / PROMATIC-GT

 

 

 

K-MATIC GT

canover_003

 

K-MATIC のアッパーにピロ仕様を設定しました。よりスポーティーな走りになります。
強合成スチール材アッパープレートにより、より短く作れるようになりました。

*エアサス専用ショートケース、ロングストロークショック採用。

*外径わずか88MM。アルミケースのため万が一タイヤに干渉しても突然の破損はありません。
*乗り心地は固くなります。

 

can_over_h2_001 (1)         

 

*乗り心地の調整

乗り心地が硬かったりはねる時

:上部オリフィス部のダイヤルがずれていて、エアーが正常に出入りしていない。(PROMATIC)

:全下がりの時にストロークが余っていて走行時の高さでの圧力が高くなっている。

:走行時の高さが高い。

左右傾いたり、コーナー時にロールする

:4輪独立に変更してください。